HELLO CYCLING(ハローサイクリング)を利用してサッカーグラウンドへ行こう。

このサイトでは私が実際に行ったサッカーグラウンドの案内を定期的にアップデートしている。

(最近は観戦もままならずなかなか更新できないが)

サッカーグラウンドで駅近というのは非常に少なく、交通の便の悪いところも非常に多い。

私も自動車を利用したり、電車、バス、徒歩を利用しているが、最近はグラウンドによりシェアサイクルが便利な場所があることを知った。

今回は東京、神奈川、埼玉などで最近多くの場所に設置しているHELLO CYCLINGについてご紹介したい。

うまく利用できれば、バス代より安く済む。

HELLO CYCLINGとは?

シェアバイクサービスは都内中心部だとdocomoが提供するバイクシェアサービスが有名だが、その周辺の地域は最近このHELLO CYCLINGが勢いを増している気がする。

私も既に都内、神奈川県、埼玉県で利用しているが、場所によっては自治体と組みながらステーションが増えている場所も多い。

このHELLO CYCLING

・アプリをインストールして会員登録をする。
・予約してステーションで自転車に乗る。
・目的地の近隣のステーションで自転車を降りて返却する。

同じ場所に返却する必要がないのと、アプリの利用でほぼ完結できる便利なITサービスだ。

例えば駅前で自転車を借りて、駅から少し離れたサッカーグラウンド近くにステーションがあればそこで返却が可能だ。

自転車は全て電動でとても楽ちんだ。

 

ちなみに地域により運営会社は異なり、東京・神奈川・埼玉の多くはダイチャリというブランドでサービスて提供されている。

現段階では非常に便利に利用できる地域と、少ない地域と色々だ。また地域によっては別のシェアサイクルが便利な地域もある。

例えば以前に紹介した三菱養和調布グラウンド(リンク)の場合だと、

京王調布駅で自転車を借りて、グラウンド近くのステーションが2箇所あるので、どちらかで返却が可能になっている。

 

使い方-予約〜返却まで

会員登録

会員登録はPCからでもアプリからでも可能になっている

メールからのアカウント作成YAHOOでのログインfacebookからのログインが可能になっている。
——————————————————————————-

HELLO CYCLING - どこでも借りれる自転車シェアHELLO CYCLING – どこでも借りれる自転車シェア

posted withアプリーチ

会員登録と並行して、アプリをインストールしよう。iphoneandroid両方に対応している。
以下、アプリはiphoneのものを利用している。

予約方法

会員登録したら、あとは基本的にアプリから全て行う

このサービスは基本的に、その街に行ってふらっと自転車を借りるイメージ。
なので前日から予約ということは出来ない。
予約したら30分以内にステーションに行って借りる必要がある。
例えば調布駅で自転車に乗りたい場合、駅から一番近いのはこのステーションだと思われる。
私がアプリを見た段階では16台レンタルが可能な状態。

そして借りたい自転車を選ぶ。

その際、電池残量が多いのを選ぼう。ただし残量が一杯の表示になっていても100%というわけでもない。

なのであまり残量が少ない場合で、少し長い移動になる場合は要注意だ。

 

そして自転車を選んだら、登録した決済方法で予約することになる。

決済方法はクレジットカード・YAHOOウォレット・キャリア決済(docomo、Softbank、au)、そして最近はPayPay残高での支払いが可能になっている。

それ以外にHELLOカード、HELLOマイル決済が可能らしいが未確認。

 

予約が完了したら、予約した番号の自転車を探す。(自転車の後輪部に番号が書いてある。)

そして上記のサドル中心部のコントロールパネルの電源をオン。日本語の1を選択して暗証番号が求められる。

暗証番号は予約した際に表示されるこの番号を入力。(私の場合だと6223)

番号を入力すると自転車の鍵のロックが解除される。

ちなみにSUICAなどのICカードを登録して使うことも可能らしい。(こちらを参照

地域によって自転車は異なるかもしれないが、私のいつも乗っているのはこのタイプ。

これに乗って、サッカーグラウンドに限らずいろんな場所に気軽に移動できるのでとても便利だ。

利用料金

利用料金は下記の通り。

15分 /   70円
12時間/ 1,000円

例えば30分だと140円、この時間までならばバス移動より安い。

ただし地域により料金体系は少し異なるようだ。住んでいる地域で確認してほしい。

⏩HELLO CYCLING料金体系を見てみる

返却

返却は簡単だ。

降車場所のステーションで自転車を降りる。

⏩自転車の後方の鍵をロックする。

⏩コントローラーをオンにすると、返却するか?と聞かれる。

⏩RETURN ボタンを押す。

⏩返却完了

⏩スマホで一応返却確認。

そして返却完了のメールが来る。この時は2分オーバーで140円(笑)

使用上の留意点

個人的にはとても便利で使い勝手は良い。

とても気軽に使える便利さがある反面、万能を求めてはダメだ。

つまり当日、絶対使えないと困るシチュエーションは不向きで、使えたらベター程度に考えておいた方が良いだろう。

  1. 予約してから30分以内に乗車する必要がある。(事前の予約は出来ない)
  2. なので当日、目的のステーションに貸出可能が0台の可能性もある。
  3. また駐車の台数に上限があり、降車予定のステーションに空きがなければ返却できない。

私の場合、降車予定のステーションに空きがない状況を何度か経験している。

・まだその周辺の地域ではこのHELLO CYCLINGがあまり認知されておらず、稼働しておらず空きがない。
・傾向的に、乗るために自転車がすぐなくなる傾向のある場所と、降車に多く利用されがちな場所がある。

などの要素が考えられる。(深く考えても仕方がないが)

ただし降車予定のステーションに1台でも空きがあれば、返却予約は可能となっている。

なので行き先が決まっている場合は、返却予約を速やかにすれば問題はない。

 

場所によって普及に力を入れている自治体は、近隣でも多くの選択肢がある場合もあるし、そうでない場合もある。

 

まあ乗れればラッキー程度の考えの方が良いだろう。

 

またグラウンドでの試合見学は1時間30分程度だから、ステーションに返却せずに借りたまま普通にグラウンドに止めて観戦しても問題はない。

その場合、例えば上記時間+移動時間で2時間利用した場合、70円✖️120/15分=560円

この程度の時間で往復利用できるなれば問題ないと考える人もいるだろう。

(私もそうしたことはある)

また予約して乗った際に不具合があれば、すぐ返却すれば料金が発生しないのは良心的だ。

(使い方が悪く、質の悪い自転車も稀にある)

HELLO CYCLINGが利用出来そうなグラウンドの一例

私が今まで紹介したサッカーグラウンドでは5箇所はうまく使えそうだ。

  1. 堀崎公園グラウンド  →大宮駅、大和田駅などから見沼区役所
  2. 馬入ふれあい公園  →平塚駅から馬入ふれあい公園
  3. 三菱養和調布グラウンド →調布駅などから近隣のファミマ
  4. 宇奈根少年サッカー場  →溝の口駅などから近隣のセブンイレブン
  5. 等々力第1・2サッカー場 →武蔵小杉駅近くから等々力緑地

またステーションは積極的に増やしているので、また増えていくだろう。

サッカーグラウンドの紹介合わせて、こちらもアップデートしたい。

 

ただし利用は自己責任でお願いします。

 

ソニーストア