息子のジュニアサッカー生活(U11)前編

関連記事

U10の秋以降は、息子のサッカーについても将来的な事も色々視野に入ってくる。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.youth-football-life.com/juniorsoccer-u[…]

小学生1年の時の息子を客観的にみていると運動神経悪いな(笑)、まあ勉強頑張れば良いと思っていたが、成長するにつれ想定とは全く逆の方向へ向かっていった。

サッカーの成長とは裏腹に勉強の成績は全く浮上の兆しもなく、勉強への熱意もほぼなかったw

ただ一人の平凡な親として羨ましいと思ったのは、幼稚園の頃からサッカーへの思いと情熱にはブレがなくこのU11に至っている。

育成方法も重要かもしれないが、やはり本人の情熱に勝るものはないなと思ったものである。

そして前回も少し触れたが、U11の年代からはより選ばれるためのサッカー、常に誰かに見られているかも的な、真剣勝負なサッカーが求めれる機会が大幅に増えていく。

トレセン活動

U11から本格化するトレセン活動。定期的な練習をしながら、練習試合やカップ戦での活動もあった。

選抜された選手たちで戦うから、かなり強いだろうと勝手に想像していたが、強豪チームには普通に負ける(笑)

でも冷静に考えると特に戦術の共有のないインスタントなチームだ。ひょっとすると自チームと戦ってもそんな点数の差がつかないだろう。

あくまでも個の育成の活動だ。ただしそんなに強豪チームに属していない息子にとって、ある一定のレベル以上の選手が集まる活動は、いつも以上の緊張感、高い意識、強度のあるプレーもあり、楽しみにしている活動でもあった。

そして性格的にもオープンな息子はトレセンでも友達は増えていった。

また本人も自分の力を客観的に感じる良い機会だったように思う。

そしてトレセン活動は順調で、地区トレセンから次の上位トレセンにも選ばれ、本人の自信にも繋がった。

スカウトっているんだ

さて高学年になって、強いチームの集まるカップ戦、強豪チームとのTMにおいて、Jアカデミーのスカウト(アカデミーコーチを含む)は意外と見にくるんだなと思った。

残念ながら、その時は親もあれはスカウトか?というのはわからないが、多くの場合後から発覚する。

Jアカデミースタッフが視察に回るのはいろんな目的があるようだ。

1.純粋に欲しい選手を見つけるため。
2.ある選手を見るために練習試合・カップ戦の視察
3.選抜クラスのセレクションに来て欲しい選手のピックアップ(スカウトセレクション)
4.来年からジュニアユースに入る選手の状況確認など

ウチの息子は結果的に3度ほど、コーチや別の筋から声がかかった。

残念ながら、『是非ウチに来てください』的なものではなかった。まあそんな良く出来た話はよほどの選手でない限りないだろう(笑)

多くの場合、

・次回の〇〇選抜クラスのセレクションに是非来てください。
・いい選手ですね、とコーチ経由で話があり、場合によっては当該Jチームに有力選手としてリストアップされる。

と言った感じだろうか。

ただこう言った形で声がかかるのは、本人のやる気がかなりアップしてとても良いことだと思う。

 

チーム活動

チーム活動はU11をメインにしながらU12の試合に呼ばれることも増えていく。

U12では相変わらずフィジカル負けはしているが、チームとしてボールがうまくつながりサッカーがスムーズでとても楽しいようだ。

U12飛び級、トレセン、U11のチーム活動が並行して進むと、必然的に自チームのU11のチームのレベルは当然の事ながら落ちる。

 

そういった多くの活動の中で、U11の活動はチームが勝っている時は良いが、うまくいかないと不満な表情を隠さないようになった。

ヨーロッパでは出場機会が多くあるチーム、またレベルにあったチームへの移籍がジュニア世代でも普通にあると良く聞くが、

日本では最近増えつつあるも、まだまだ少ない。

 

チームを引っ張りながらうまくサッカーをしていく事も重要だが、出来れば本人が上を目指したくなるレベルの選手と一緒にやっていく事は、意識面の高まりを含めて重要だと思い始めた時期でもあり、ぼんやりと移籍も検討すべきかなと思うようにもなった。

ただ、このまま選手として上に突き抜けていくのかなと思っていたが、同時に伸び悩みというか、サッカー自体がうまくいかない部分も増えていき、移籍の検討は頓挫した。

続く