【レビュー】ランニング用高性能イヤフォン~Powerbeats

さて、基本的にはサッカー関連の内容を取り上げるブログではあるけど、たまには自分の身の回りのガジェット・趣味の話を。

以前は、私の趣味の一つ、ランニングにおける愛用しているシューズについて書いている。

今回は、私のランニングには欠かせないランニング用イヤホンについてのレビュー。
過去10年のランニング生活において、色んなイヤホンを使っているが、現在のPowerbeats Proはかなり気に入っている。
だが今回紹介するのは、その先代に利用していたPowerbeatsについて紹介したい。

Beats by Dr.Dreというブランド

私も購入するまでは詳しくは知らなかったのだが、このBeats by Dr.Dreというブランドはアップルの傘下となっている。

この『』というマークを見たことがある人も多いだろう。

私も自分の先入観で、このブランドは機能よりもそのデザイン性が強いイメージのブランドだった記憶がある。

ここ最近愛用してきたランニング用イヤホン

今までランニング正解において多くのイヤホンを使ってきた。それらをまず紹介しておこう。

初代イヤホン~boseの有線タイプ

私は昔は完全なるbose派だった。ノイズキャンセリングヘッドフォンからこのランニングイヤホン、そしてBluetoothスピーカーに至るまで、音楽聞くのはboseが良いと思っていた。

このイヤホンは壊れても同じものを購入し続け、3台ほど購入した記憶がある。

10年前はまだ有線イヤホンが主流だった。

2代目イヤホン~Plantronics Backbeat Fit

2代目はこちら。Plantronics Backbeat Fit。上記のリンクよりひとつ前のモデルだったように思う。

個人としては初めてのbluetoothイヤホンだったが、音質も良く、耳にもフィットするし、防水性能も問題なし。

boseブランドなどと比べるとコスパも良く気に入っていた。

3代目イヤホン~Bose Sound sport

そして3代目はこちら。再びboseに戻ってきた。

その前のPlantronics Backbeat Fitより高価なboseブランド

音質も悪くはないが、個人的には耳へのフィット感が合わなかった。そして、洗濯機に入れて、その後誤ってスイッチオンすると壊れた(笑)

また耳回りのスイッチやカバーの樹脂部の劣化が早かったように思う。

 

あくまでも主観だがコスパ的に少し私の評価は低い。

 

 

まあこんな感じで、私のランニング&ジョグ生活には絶対に欠かせないものになっている。

※実はJBLのスポーツイヤホンも利用したが、それは結果的にすぐ壊れたので割愛。

 Powerbeatsレビュー

Powerbeats

2020年に購入したのが、こちらのPowerbeatsである。


である。

充分にリサーチせずに購入したので、後から知ったのだが、このイヤフォンはインナーイヤー型、以前利用していたBoseのSoundsportはカナル型とイヤフォンの仕様が異なることだ。

SAKIDORI(サキドリ) | ほしいが見つかるモノメディア

デジタルオーディオプレーヤーやスマホなどで音楽を鑑賞する際に使用するイヤホン。イヤホンには「カナル型」と「インナーイヤー…

最初は外れやすいなと思ったが、耳にしっかり引っ掛ければ無問題だった。

取り付けて耳にフィットして外れにくいのが『カナル型』、耳介にひっかけて使うのが『インナーイヤー型』らしい。密着性に優れ音質に優位なカナル型、外の音も聞こえやすく、疲れにくいインナーイヤー型という感じなのかな。

ランニングは外の音がある程度聞こえる必要があるので、インナーイヤー型の選択は悪くないと思う。

またイヤーピースは本体付属のものと、交換用に大・中・小と3つ付属しているので、自分の耳に合うのは見つかるだろう。

 

私はこのPowerbeatsに慣れるのに少々時間を要した。むしろ最初は購入を後悔したくらいだ。

  • 購入時に取り付けているイヤーパッドが合わなくてよく外れた。 ⇒ イヤーパッド大に交換して解決
  • Powerbeatsの耳に引っ掛けるのが最初は違和感があった。 ⇒ そのうち慣れた。

それまで利用していたboseのカナル型に慣れたいたので、耳へのタッチに慣れるのに時間を要した感じだ。

 

ただ、個人的に良いと思っているのは、充電はiphoneと同じライトニングケーブルであること。iphone利用者には便利だ。(私もiphone利用者)

音質

自宅の静かな環境で聞いてみると、中音〜高音質がしっかり響いてきて良い感じ。低音は可もなく付加もなくという感じかな。

ランニング中は少し緩めに耳に取り付けて走れば、外の音も気にしながら走れる。以前のBoseは少し軽い感じの音質のような気がしたが、こちらはもう少ししっかりした感じ。

但しあくまでもランニングイヤホンとしてはの話。

本当に音楽を聴くためであれば(ランニングでは使わない)、もう少し遮音性のあるものを選んだりしても良いだろう。

 

基本機能

ホームページに記載された基本機能。

  • 1度の充電で最長15時間の持続が可能。
  • 5分の充電で最長1時間の再生が可能。
  • オーディオ共有機能で2台のbeatsで同じiphoneにペアリング可能。
     (Airpodsでも可能)
  • 優れた耐汗、防抹機能。
  • 左のイヤーパッドで電源オンオフ。
  • 右のイヤーパッドで音量調節、一時停止、スキップができる。
  • 通話機能。
  • Hey,Siriによるハンズフリー音声コントロール。
真夏に猛烈な汗をかいても、耐汗機能に優れている。
それ以外には、iphoneとのbluetooth接続にもストレスはないし、長く使っているととても良いモデルだと感じている。

まとめ

イヤーフォンを選ぶ基本的な考え方は人それぞれである。

  • 迷うことなく好きなブランド
  • コストパフォーマンス
  • 音にこだわりたい。
  • 防水性能
  • デザインの格好良さ
  • その他、自分所有のガジェットとの親和性

まあ色々あると思う。

私がこの機種を選んだ際の選択基準は、

・所有のiphoneやipadとの親和性。(充電方式)
・デザインの良さ。(beats by Dreというブランドへの興味)
・防水性能
こんな感じで選んだと思う。
また、コスパでの選択も良いと思うが、やはり価格と音質はある程度比例する
ちなみにこのPowerbeatsは約1年使って、現在は息子が利用しており購入して2年が経過しているが、まったく問題なく使えている。
購入時の値段は決して安くはなかったが、結果的にはこれはこれで良いコスパだったように思う。
ちなみに、現在はPowerbeats Proを使っている。
そのレビューはまた後日に。
ソニーストア