軽量爽快~アシックスハイパースピード レビュー

前回は愛用しているランニングシューズ・アシックスLYTERACER 3のレビューをまとめてきたが、今回は同時に交互で利用しているハイパースピードのレビューをまとめたい。

ライトレーサーの記事はこちら。

関連記事

さて今回は私の趣味の一つであるランニング、その普段使っているランニングシューズについて取り上げたい。 ランニング歴はあれこれ12年程度になる。 フルマラソンやハーフマラソンも走ったりするが、あくまでもファンランナーであり[…]

ライトレーサーより軽量でスピード走向けに振っているハイパースピードだが共通点はコスパが良いことである。

アシックスのランニングシューズラインナップ

アシックスのホームページより拝借。


ハイパースピードライトレーサー3も共にアシックスのシューズチャートの位置づけではスピードタイプに分類されている。

  • ハイパースピード・・・バウンスのあるライド感と、スピードを維持する走行効率性
  • ライトレーサー3・・・ダイレクトな接地感が、自分の足で蹴り出す感覚と、スピードを生み出す走りを追求。

と書いてあるけどよくわからない(笑)

感覚的にまとめると、ハイパースピードライトレーサー3スピードタイプモデルで共にその中でもベーシックモデルで、よりスピードに拘ったのがハイパースピードという感じだろうか。

アシックス ハイパースピード

購入した色は水色にした。結構気に入っている。

アシックスのホームページによると、

アシックスレーシングモデルにおける最高峰のシューズのひとつ、METASPEED SERIESにデザインのヒントを得たHYPER SPEEDは、優れた走行効率性を発揮する軽量レーシングシューズです。
長距離ランナーのテンポランやスピードトレーニングにおすすめの一足です。

アシックス ホームページより

そして、

つま先が弓状に上がったガイドソールテクノロジーを採用。
前への重心移動をスムーズに行いやすく、かつ蹴り出しのスピードを高めやすいこの構造により、エネルギーの消費を抑えたランニングが可能です。
また片足約210g(27.0cm)と軽量性に優れ、スピードを高めやすくなっています。

アシックス ホームページより

ライトレーサー3ハイパースピードのシューズを並べて撮影してみた。

写真を見るとわかりますね。

つま先が少し上がっていて、これが蹴り出しのスピードが高まりやすい構造になっているとのこと。

重量は20g程度の差だが、両方持っていると明確にハイパースピードが軽い。

あとはシューズ本体がメッシュ地になっており、通気性を良くしている。

 

アシックスのシューズラインナップでは、スピードタイプの中でのベースモデルになっている。

ハイパースピード レビュー

さて、ざっとレビューを書いておこうと思うが、あくまでもライトレーサー比として読んで欲しい。

本格的レーシングモデルや最近はやりのプレートの入った厚底モデルと比べると、異なったレビューになるだろう。

 

まずは明確にライトレーサーと比べて軽くて爽快だ。

そして全体的に薄く作られているのか、ライトレーサーほどの足が包まれている感はないが、個人的にはかなり履きやすい。
(これを履いてライトレーサーを履くとホールドが少し強く感じることがある)

私は大体、自宅からしばらくコンクリートの道路を走って、そこから川沿いをランニングする。川沿いのマラソンロードは舗装されている部分と砂利の部分があるが、砂利部分はライトレーサーの方が良いが、舗装された道路はこのハイパースピードがかなり軽快に走れるのが気持ち良い

交互に使っているが、基本的にはこちらのシューズの使用頻度が高くなっているのは、私が結構気に入っているからだと思う。

 

靴底のヘタリは現状では、このハイパースピードの方が少し消耗が激しいのは利用頻度の問題だけではなく、レーシングモデルの特性かもしれない。
(足の外側からヘタっているので、私の走り方の悪さかもしれないが)

クッション性はライトレーサー3の方が良いと思うが、このハイパースピードを利用してクッション性が足らないなとは感じない。

 

このハイパースピードは実際どんなランナー向けなのか、あくまでも主観で書いてみた。

  • ライトレーサーのシューズからワンランクステップアップしたい。
  • 今度ハーフマラソンに挑戦するための本番用シューズとして。
  • 本格的にサブ4を意識したトレーニングをしたい。
  • スピードタイプのシューズの中でリーズナブルなものを選択したい。
  • スピードタイプのシューズが欲しいがある程度耐久性も欲しい。

こんな感じだろうか。

私のようにライトレーサーが定番のシューズで、その交互履きとしてはベストだと思う。

初心者脱却 ⇒ ライトレーサー ⇒ ハイパースピード
こんなステップアップが良いと思う。
但し、
  • ランニングをする上でクッション性は絶対的に重視する。
  • 少し足に疲労がつきやすい。(痛めやすい)

などには少し厳しいかもしれません。

 

まとめ

以前に履いたアディゼロジャパン5は結構、薄底感覚でまさに私にとってワンランク上を目指すシューズだった記憶がある。

それと比べると、このハイパースピードはクッション性も優れていて走りやすいと思う。

 

ランニングがある程度習慣化されていて週3程度の頻度で走る場合、ランニングシューズは2足以上持ちながら交互に履くのが良いと思っているが、その際は1足は自分の鉄板シューズを選択、もう1足は少し新たなチャレンジで選択するというのが一番良いと思う。

 

私の場合、

  • 鉄板シューズはアシックス ライトレーサーシリーズ。
  • もう1足はそれよりスピードタイプで軽快に走れるシューズ

というのを選択基準にしている。

 

まずは1足、自分の定番シューズを見つけることをおすすめしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソニーストア