サッカーのビデオ撮影、三脚を使って撮影しよう

息子がこの世に生を受けてから数多くのビデオ撮影を行い、記録に残してきた。ただここ5-6年の撮影はほとんど息子のサッカーの試合の記録が大半である。幼稚園〜U7の頃のサッカーの撮影は手持ちで一生懸命応援しながらの撮影なのでブレブレだ。中には視聴に絶えないものもある。

また私が仕事で奥さんに撮影をお願いすると、基本的にはこれも手持ち。しかもママ友達と話しながら撮影するものだから、ヤバいレベルの仕上がりである。

チームメイトのお父さんで手持ちで綺麗に撮影する達人もいるが、私はうまく行かないので三脚を使うようにしている。一脚も一時期使ってみたが、結果的には三脚の方が便利だ。今回はサッカー撮影は何で撮影するべきか、どんな三脚を選ぶべきかをまとめてみた。

私の撮影スタイルの履歴

〜U7までは基本手持ち撮影していたが、カメラが上を向いたり下を向いたり、多くの撮影でブレている。

U8〜U9には所有していたデジタル一眼レフ用の三脚を利用していたが、所詮はカメラ用でサッカー撮影をする上での横の動きはまるで駄目(当たり前)、かつ大きい三脚で携帯性が悪かった。

U9〜U11は運動会等でも場所を取らない一脚が便利だと思い購入。

購入したのはこんな感じのタイプ。一脚でも使えるが、ミニ三脚でも使える。私の場合、撮影しながらサッカーも見ているので、一脚だといつのまにか傾いて撮影しているし、ミニ三脚の足を利用してもなかなかうまく安定しない。

また並行して後述するがビデオクリップスタンドも利用したりした。

そして結局昨年(息子がU11途中)に三脚を購入して、現在に至る。

ざっとこんな感じだが、こと少年サッカーのビデオ撮影に関しては、三脚で撮影するのも後で視聴するにしてもベストだと現在は思っている。

少年サッカーを撮影する方法

手持ちで腕がしっかり固定して撮影できる人は問題ないが、私の撮影において手持ちはほとんどうまく行かなかった。

ハンディグリップ

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥9,270 (2022/01/26 12:09:31時点 Amazon調べ-詳細)

ソニーのハンディカムFDR-AX45に取り付けてこれで何度か撮影してみた。このハンディグリップは被写体がある程度固定された状態での撮影だと使いやすい。ただサッカーの試合のように横に動きが多い場合は向いていない。どうしても横に動かしながらも上向いたり下向いたりするので、安定性には欠ける。そしてサッカーの試合のように15分、このグリップを持っているのは少し疲れる。

一脚

一脚を利用して少年サッカービデオを撮影している人も多い。

少なくとも手持ちよりはかなり良いと思う。サッカーのボールの動きを追う追従性は悪くないけど、水平レベルを維持するのが難しい感じだ。

撮影場所の下がコンクリートだったら問題ないが、クレー(土)や草場などだと特に不陸にも影響する。

また撮影しながら観戦の方に夢中になると、いつの間にか少し傾いて撮影してしまったりしてしまう。悪くはないが、ある程度しっかり意識しながら撮影する必要はあると思う。

運動会などで観戦者が多く、場所をあまり取るのが憚られるようなシチュエーションでは良いと思う。

一脚の良さは場所を取らないことに尽きる。アルミ製で重さも1.16kgと軽量だが、折り畳んでも意外と大きく携帯性はイマイチだった。(70cmの長さ)

ほとんど自動車で移動してのサッカー観戦だったら問題なかったが、公共交通機関を利用して移動の多い私は、この携帯性の悪さもあったので一脚をやめた。

三脚

そして現在は三脚を愛用している。今後はよほどの条件が変わらない限り三脚を利用することになるだろう。

ただし、全て観戦は車で行きますという場合を除いて、携帯性や重さには留意する必要がある。

  • 折りたたんである程度コンパクトになる携帯性の良さ。
  • 持ち運ぶのが負担にならない重さ。
  • 上記2店と相反するが、カメラをつけた時の安定性。

この3つがバランスよくなっている三脚を探したいところだ。これをある程度クリアしないと購入して後悔することになるだろう。また曇台の動きが滑らかなビデオ用三脚を必ず購入しよう。

 

三脚の有名メーカー

BCN AWARD・BCN IT ジュニア賞

日本国内の三脚のシェアだ。

年度 1位(メーカー・シェア) 2位(メーカー・シェア) 3位(メーカー・シェア)
2020年 ベルボン 17.5% Vitec Group 17.3% ハクバ写真産業 16.3%
2019年 ハクバ写真産業 17.2% Vitec Group 17.1% ベルボン 16.1%
2018年 ハクバ写真産業 17.1% ベルボン 16.8% スリック 12.1%

大手3社はとても拮抗している。ただ2012年〜2015年はスリックがシェアNo.1で2012年はシェア28.9%もあったが、2018年の12.1%を最後にビッグ3より陥落している。ここ2年シェアを高めているVitec Groupはイギリスの会社で傘下にジッツオ、マンフロット、JOBYなどのブランドを有している。ハクバ写真産業はご存知撮影用品関連の大手である。

このメーカーの中でサッカービデオ撮影という観点から検討すると、

  • ジッツオは高級メーカーで価格が高め。
  • ハクバ写真産業は一脚とミニ三脚がメインラインナップ。
  • JOBYはスマホ用を得意、また主力のゴリラポッドはサッカー撮影向きではない。

なのでスリック、ベルボン、マンフロットあたりが検討するメーカーになりそうだ。私はあまり色んなメーカーを検討することなく、イタリア製でデザイン的にも格好良いマンフロット一択で検討した。

スリック

スリックは国内の三脚メーカーで現在はレンズ関連を扱うケンコー・トキナーの子会社である。過去よりそれなりのシェアを維持しながら、製品ラインナップも多い。

株式会社ケンコー・トキナー

高精度アルミ削り出しビデオ雲台を搭載した小型ビデオ三脚。オイルフリュード+スプリングバランス機構により、スムーズな動きを…

amazonでは確認できないのでメーカーのストアよりピックした。

重さ :1.74kg 
最大高さ :1,615mm
最大積載 :3kg
アルミ・マグネシウム・チタン合金 4段
折り畳み時の長さ: 575mm ケース付

携帯性を考慮すると折り畳み時の長さ、そして重量を検討した方が良い。重さ1.74kgならば私的には許容範囲。

ちなみにメーカーオンラインショップの価格は27,225円(会員登録でここから10%オフ)

ベルボン

こちらも国内三脚メーカーの一つである。私も過去の一脚、三脚はベルボンだ。ただ今年(2020年)8月1日にベルボンはカメラ用三脚の事業をハクバ写真産業に譲渡している。これが今後にどう影響するかは不明だ。まあ近年はスマホやアクションカメラがどんどん勢力を増してくる中、この業界が変わってくるのも必然の流れかもしれない。

重さ :1.11kg 
最大高さ :1,520mm
最大積載 :1.5kg
アルミ製 5段
折り畳み時の長さ: 406mm  ケース付

このベルボンは5段で折り畳み時の長さが406mmとコンパクト、重さも1.11kgで価格は10,436円(2020年10月)と優れものだ。最大積載は1.5kgと大きくないが、通常のビデオカメラならば問題ないだろう。

マンフロット

私が現在利用しているのはこのマンフロット製。

現在この機種を愛用している。

重さ : 1.64kg
最大高さ :1,500mm
最大積載 : 4kg
アルミ製 4段
折り畳み時の長さ: 400mm  ケース付

上記2機種と比べると明らかに割高ではあったが、デザインの良さ、そして付属ケースも格好良いし、折り畳み時(400mm)のコンパクトさが気に入っている。ケースに入れた状態で400mm程度に収まるのでリュックなどにも収納できて重宝している。

ただ足を伸ばしたりする際のツイストロックは省スペースにもつながっているが少々使いにくいが、概ね満足している。(雲台の動きがもう少し滑らかだと言うことはないが)

まとめ

上記のようにamazonリンクを貼っているが、購入を検討するならば量販店で見比べて触れてみた方が良い。他にも多くの三脚メーカーがあるし、デザインやその他の要素を見比べて自分の満足度の高いものを選ぶのが良いだろう。あと何度も書くが、やはり携帯性や重さ、安定性はとても重要である。

また今回は1万〜25,000円ほどの機種を選定したが、

  • カーボン製
  • 高級なビデオ雲台

などを選べば、より軽量化されビデオの動きもきっとスムーズになるだろうが、上を見るとキリがない。また現在、三脚を持っている場合はビデオ用雲台だけを購入するのも良い選択だ。三脚の部分のお金がかからない分、性能の良い雲台が購入できれば、満足度が高まるだろう。

追記(2021年5月)

ジュニアユース生活が始まったが、現在のホームで主に利用しているグラウンドの観戦場所は省スペースのタイプが利用しやすい。

よってまた一脚生活になりそうだ。

改めて探してみたけど、一脚はやはり折り畳んだ状態で700mm以上のものがほとんどのようで、やはり携帯性が難点だ。

とは言っても、この緊急事態宣言下、観戦できる試合は極めて限定されている。

今後の利用についてはまたアップデートしたいと思う。