【サッカーグラウンド】FC東京 深川グラウンド

東京の都心の江東区にあり、主にFC東京U15深川FC東京サッカースクールに利用されているグラウンドである。

この深川グラウンドは人工芝と天然芝2面の規模となっている。

FC東京 深川グラウンドの場所・アクセス

場所

場所は都営新宿線住吉駅近く、まさに都心で立地の良い場所だ。

住所:東京都江東区猿江2丁目15-10

アクセス

都営新宿線・東京メトロ半蔵門線 住吉駅 徒歩5分程度 →これが一番便利だ。

JR錦糸町駅 徒歩20分程度(1.4km)

錦糸町駅前バス停より 東22もしくは錦22のバスで猿江二丁目バス停下車、そこから徒歩3分程度

東陽町駅前バス停より 東22もしくは錦22のバスで猿江二丁目バス停下車、そこから徒歩3分程度

こんなところだろうか。私はいつも錦糸町駅から頑張って歩いている(笑)

駐車場

深川グラウンド内にも駐車場はあるが、セレクション・試合の際の駐車場利用は不可のはずである。

google mapでは近隣に駐車場が出てくるのでそちらを参照頂きたい。

近くのコンビニ・スーパー

まずバス停降りると正面にスーパーのライフがあるので便利。また300mほどの距離にセブン・イレブンもある。また錦糸町駅には色々あるので、基本このグラウンドでのサッカー観戦において食糧や飲み物の調達に困ることはないだろう。深川グラウンド内には自販機もある。

観戦スタイル

人工芝

人工芝側は主にジュニアユース以上の公式戦や練習試合で使われることが多いが、こちらはベンチが用意されているのでそこから観戦が可能。(コロナ渦により大会・試合によっては観戦不可の場合もあるので要確認)

天然芝

天然芝側は観客席があるのでそこから観戦可能。ただしグラウンド端に位置しており、柱が少し邪魔になったり、場所がグラウンド端に位置しているので全体を見渡すには決して観戦しやすいとはいえない。

この写真の撮影場所側が開放されている場合もあるので、こちら側の方が圧倒的に見やすいと言える。

設備

・男女トイレあり。

・ドリンクの自販機あり。

がある。

 

まとめ

サッカーグラウンドと言えば多くの場合、

  1. 駅から遠い
  2. 周辺に何もなく、コンビニも近くにない。
  3. トイレが衛生的でない。

と言う場合が多いが、ここは都心で比較的近くになんでもあるし、トイレもそこそこ使いやすいし、その上観戦も比較的しやすいグラウンドと言える。この便利な場所で普段より練習できるFC東京U15深川の人たちはとても恵まれていると言えるだろう。

ソニーストア