ジュニアサッカー向け観戦グッズまとめ

息子が小学生になってから市内・近隣都市の色んなサッカーグラウンドでジュニアサッカーの観戦するようになった。そしてその多くの場合、サッカーグラウンドの立地は決して良いものではない。また行ってみては見たものの、座る場所もないと最初は多くの失敗をしてきたものだ。

そんな失敗の積み重ねから、息子のサッカー観戦をするために多くのグッズを揃えてきた。そんな便利グッズをまとめておきたい。

サッカーグラウンドへの移動手段

私のサッカー観戦への移動パターンは主に下記の通りだ。

  1. 市内近隣のホーム系グラウンドは自転車で移動。 
  2. 遠征だがグラウンドが駅近の場合は電車で移動。
  3. 遠征で電車では少し不便なので車で移動、しかしグラウンドと駐車場もかなり離れている。(意外とこのパターンも多い)
  4. 遠征で電車では少し不便なので車で移動、グラウンドに隣接した駐車場がある。

私の場合、多くが①②③なので荷物は極力コンパクトかつ経済的にを心掛けている。

④の場合が多い方は、あまりコンパクトにする必要はないので参考にならないかもしれない。

折り畳みチェア

まずジュニアサッカー観戦での必須アイテムは折り畳みチェアだろう。

私の観戦でも必要のないシーンは極めて少なく、ほぼ持ち歩いていると言って良いだろう。

リーズナブルでおすすめはこの椅子だと思う。

ただし電車移動の場合、少し嵩張るのがウィークポイント。比較的電車移動の多い私は下記タイプの椅子を利用している。

こちらは組立と片付ける際の収納が少々面倒だが、バッグに収容するととてもコンパクト。

リュックやトートバッグにも入るからとても便利である。一家に1台持っておきたいチェアである。(おそらくサッカー観戦パパ・ママの多くは持っているだろう)

座り心地は上のタイプより少々落ちるが、少し長い時間座っていても疲れることはないと思う。

保冷バッグ&コーヒーボトル

さて暑い時期に重宝するのは保冷バッグだ。

車オンリーならばハードなクーラーボックスが保冷維持の観点からもベストだと思うが、私は携帯性を重視しているので下記タイプを利用している。

created by Rinker
UMBRO(アンブロ)
¥2,990 (2022/01/26 08:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

500mlのペットボトルが6本程度入る大きさ。

現在は種類が少ないが、夏前にいろんなメーカーのラインナップが揃うと思う。

私の場合、保冷材、凍らせたお茶✖️2本、冷えたお茶1本、あとは途中で調達したおにぎりやドリンクを入れる程度。凍ったお茶が溶けるのが少しでも遅れれば良い感じなので無問題だ。息子も同様サイズのものを夏は携帯している。

次にサーモスの携帯タンブラー。サイズは480mlのものを所有している。冬はホットのカフェラテ、夏はアイスラテスタバで調達している。480mlにしたのはスタバのグランデのサイズが470mlだからだ。ちなみにスタバのトールサイズ(350ml)で十分という方は360mlのタンブラーがあるのでそちらを購入しても良いと思う

まあスタバと言いながら、セブンイレブンのアイスカフェラテL(250円)で経済的に済ませる場合も多いのだが(笑)

コンビニカフェならば360mlタンブラーでも問題ない。

スタバは一時期コロナの影響でタンブラー持ち込みでの提供を止めていたが、先月よりまた復活している。タンブラー持ち込みだと20円引きなのでこれは良いサービスだと思う。

ちなみに麦茶はグリーンダ・カ・ラを購入している。

スーパーでも比較的リーズナブルに売っているし、凍らせても問題ないからだ。

ビデオカメラ・三脚

サッカーのビデオ撮影。もう最近はiphoneとかでもほぼ問題ないような気がする。

息子が生まれたての頃はビクターのビデオカメラ、そしてU8になる頃からソニーのビデオカメラを愛用している。

最初はSONY ADR-AX55を購入。しかし雨の中でも酷使した結果、3年と少しで画面のタッチパネルが反応しなくなった。

修理も検討したが、酷使し過ぎてたので新機種を購入。後継はADR-AX60だが、

右側のビューファインダーを使うことはなかったので、ファインダーのないADR-AX45を購入した。価格差ほどの機能の差を感じなかったからだ。しかし機種が1世代新しくなっただけで、手振れが大幅に進化したのには本当に驚いた。画質が本当にとても良い。

メーカーはソニー、パナソニックならば好きな方を購入しても良いように思う。(私はデジカメ含めソニーが好きだ)

ビデオカメラケースはHAKUBAのものを利用。コンパクトに綺麗に収まっている。

ビデオ三脚。もともと一脚を使っていたが、私はうまく使いこなせなかったので三脚にした。

購入時に検討したのは、

  1. 重さ(1.64kg)
  2. 持ち運びの便利さ(折り畳んで収容して45cm程度)
  3. 利用時の安定性。

三脚も色んなメーカーがあるが、このイタリア製のマンフロットはデザインが格好よかった(笑)

私は結構気に入って使っている。

この通り、コンパクトでリュックやバッグにも十分収容可能だ。

カメラ・三脚についてのレビューはまた時間あるときにまとめたいと思っている。

その他の持ち物

  1. トートバッグ又はリュック
  2. バッグやリュックを床に置く際の敷き物
  3. 暑い時期は塩飴
  4. 一眼レフカメラ(公式戦の時はたまに持っていく)※Sony α7II
  5. コロナ関連(交換用マスク・消毒用アルコール・ウェットティッシュ)
  6. ビデオカメラ用SDカード256GB

まあこんなところだろうか。冬になったらまた必要な物が変わってくるので加筆したいと思う。